食と認知機能の
お役立ち情報・コラム

COLUMN

認知症を「予防する」ということ
~認知症予防学会の立ち上げを通じて~

鳥取大学医学部保健学科 教授 浦上 克哉

 認知症は「予防できない病気」から「予防できる」という認識に変わりつつあります。
 厚生労働省の発表によると、2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人は認知症を患っていると推測されています。そんな認知症を早期に予防・対策することを目的として2011年に設立されたのが「日本認知症予防学会」です。

 2000年頃にはすでに認知症に関する学会は既に沢山存在しており、当初は学会を新たに作るなんてナンセンスだと思っていました。それでも、認知症の「予防」を中心テーマとした学会を立ち上げねば、と決意したきっかけは、日本認知症学会主催の一般生活者向けのフォーラムでの講演でした。当時は、日本で初めてのアルツハイマー型認知症の進行を抑制する薬が使用できるようになった時期で、その薬の紹介とともに「認知症になっても安心ですよ」というメッセージを伝えることがフォーラムの目的でしたが、参加された方々の多くは、「なっても安心なのはうれしい。しかし、そもそも認知症になりたくないのです。」と言われました。これこそが本当のみなさんのニーズだと思いなおし、認知症の予防に真剣に取り組んでいかなければならないと決心した出来事でした。

 今でこそ、認知症予防というものは、2019年6月に取りまとめられた日本国としての指針「認知症施策推進大綱」にも取り入れられるなど、積極的に検討させるようになってきました。しかし、当時は、アルツハイマー型認知症を中心とした認知症は根本的な治療ができない病気なのだから、治らないものを予防できるわけがないだろう、というのが、専門医の大方の考えでした。そのため、「予防」を中心議題とする学会の意義には懐疑的で、反対する医師も少なくありませんでした。

 しかしその後、日本を含む世界各国の研究から、認知症予防の可能性を示唆するさまざまなデータが発表されるようになり、医師たちの認識も変わり始めたことをきっかけに、2011年に志を同じくする医療者らを中心に、日本認知症予防学会を立ち上げることができました。

 立ち上げからしばらくは批判的な声もありました。ただでさえ認知症を扱う学会が多い中で、既存の学会の考えが前提で予防まで検討が及ばないのであれば意味がないだろうという見方もありました。しかし、多くの一般の方々のニーズとして「予防」の意義は受け入れていただきやすく、その意向もあって、予防に関する意識の高い医療者に多く賛同いただき、現在では2000名を超える学会員に参加いただいています。

 認知症の「予防」には、認知症にならない「発症予防」(一次予防)だけではなく、早期に発見し治療に結び付ける二次予防、認知症になった方の進行を予防する三次予防まで、段階的な予防が存在します。これらすべてを踏まえたうえでの「予防」を講じていくことが非常に大切です。

 現在、認知症の予防に関する研究は始まったばかりですが、運動習慣や知的な活動習慣、 そして、食習慣などがどの段階の予防にも効果的であろうことがわかってきています。認知症予防学会は、こうした有益なエビデンスに基づく情報の発信を大きな目標の一つに掲げて活動しています。
この「食から認知機能について考える会」は、日本認知症予防学会と同じ志のもと、「食」という日常生活に欠かせないところから、認知症の予防にもつながる「認知機能の維持」について考えることを、エビデンスに基づいて情報発信を行っています。ぜひ、参考にして、あなたらしい生活を守るためにも、認知機能の維持に取り組んでください。